*

不動産物件の選び方

*

一戸建てや建売の不動産について情報公開しています。

*

建売住宅編

優先順位をハッキリさせてずっと住める立地を選ぶと良い。案内図を活用して周辺環境を把握する。立地面で取捨選択をするなら、現地までの案内図で判断できる。周辺情報の細やかな案内図を記載している不動産会社は信頼度が高い。一方で情報が少ない案内図の不動産屋は候補外である。複数の不動産会社を利用した際に情報が少なく位置も曖昧な案内図を用意している不動産会社は「ハズレ候補」と考えてもいい。そして、優先順位を自分の中ではっきりさせておく。駅前を優先とする場合、アクセスの良さや施設の充実度が人気である。駅近物件のメリットは、何と言っても利便性にある。通勤時間の短縮や商業施設の充実など、仕事や生活の面において満足度が高い。人通りが多く、安心感がある。商店街・大型スーパーを優先する場合、生活のしやすさや利便性がメリットになる。ファミリー層の利便性を優先する場合、買い物に便利な商店街や大型スーパーの近くを選ぶのが良い。共働きの人も帰宅時に気軽に立ち寄れるのは大きなメリットである。現状の環境だけで判断せず、自治体や鉄道会社の開発計画などを調べて、10年後の街並みと自分の生活スタイルを考慮して決めると良い。なお、「とにかく駅前にこだわりたい」といった選択は、将来的に後悔する可能性もあるので要注意である。将来設計を立てれば優先項目も見えてくるのでしっかり考えよう。