*

不動産物件の選び方

*

一戸建てや建売の不動産について情報公開しています。

*

土地情報を調べる

家を買うときに確認してほしいのが、購入希望の地域が自然災害の少ない地域かどうかということである。災害関連の土地情報は、立地と同時に検討する。万が一のことも考え、災害予測をまとめているサイトを利用する。「ハザードマップポータルサイト」は、各自治体発表のハザードマップを確認できるサイトである。ハザードマップとは、自然災害について危険な場所や地域を地図上に示したものである。同サイトでは、全国の自治体情報が集約されている。そして、地震、津波、液状化、土砂災害といった災害種別に調べることができる。また、建てる土地についても入念に下調べをしなくてはならない。地盤についてもしっかりチェックする。一般的に山地・丘陵地・台地は形成された年代が古く、揺れが増幅されにくい。堆積者で構成された沖積低地や谷底低地は地盤が軟弱で揺れが大きい。こうした地盤も確認する。地震大国の日本において安全な場所を探すのは難しい。しかし、予備知識を得ることで被害を最小限に食い止めることができる。帰宅や避難経路もしっかり見ておくとよい。